エコノミークラス症候群とは

カテゴリ: 災害医療

読み: えこのみーくらすしょうこうぐん

 エコノミークラス症候群とは、飛行機内(とくにエコノミークラス)で長時間同じ姿勢を取り続けている乗客が発症することが知られているところから俗称となった病態で、正式には静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)と言う。

 長時間下肢を動かさずに同じ姿勢で座っていると、大腿からひざの奥にある静脈に血の塊(深部静脈血栓)が生じ、その一部が血流に乗って肺の血管を閉塞し、呼吸不全をもたらす。

 2004年新潟県中越地震でエコノミークラス症候群が顕在化したが、被災者が乗用車の狭い車内で生活したことが原因となったと見られる。
 エコノミークラス症候群は突然死をもたらし得る重篤な疾患で、発症する前に予防することが重要。

 予防には、長時間にわたって同じ姿勢を取らない、ときどき下肢を動かすことなどが推奨されており、東日本大震災では災害ボランティアが避難所で体操を指導する例が多く見られた。

関連用語

クラッシュシンドローム クラッシュシンドロームは、クラッシュ症候群、挫滅(ざめつ)症候群とも呼ばれる。建物倒
心のケア 心のケアとは、災害や病気、犯罪、事故などで危機的なできごとに遭遇したことにより心身等に発生する問題
災害医療 災害医療とは、大規模災害(地震、津波など)が起こり、多数の傷病者が同時的に発生し、対応する地域の医
災害拠点病院 災害拠点病院とは、医療法により、災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院のことを言う。
DMAT DMAT(ディーマット)とは「災害派遣医療チーム」(DisasterMedicalAssistanceTeam)のこと。「災害急性期に
トリアージ トリアージ(Triage)とは、負傷度による「負傷者の選別」を言う。フランス語のtrier(選り分け)が語
PTSD PTSDとは、心的外傷後ストレス障害(Post-TraumaticStressDisorder)の略で、生命の危機を体験したり、家族や

メニュー