ゼロメートル地帯とは

カテゴリ: 風水害

読み: ぜろめーとるちたい

 ゼロメートル地帯とは、沿岸地域で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地を言う。海抜ゼロメートル地帯とも呼ぶ。

 わが国では高度経済成長期以降、とくに3大湾(東京湾、伊勢湾、大阪湾)を中心に干拓や埋め立てによって低地を拡大し、ここに急速に人口・資産が集積した。現在ではゼロメートル地帯の面積は約580平方kmに及び、約400万人余りの人びとが居住している。

 ゼロメートル地帯はわが国の中枢機能を担うが、いっぽう、水災害に極めて脆弱な地帯でもある。3大湾は過去、1934年室戸台風、49年キティ台風、59年伊勢湾台風、61年第二室戸台風などの大型台風に襲われ、壊滅的な高潮災害がもたらされた。とくに伊勢湾台風では、濃尾平野一帯で台風史上最大の5000人以上の死者・行方不明者を出し、61年の災害対策基本法、63年の防災基本計画を生むきっかけとなった。
 ちなみに、伊勢湾台風の高潮で名古屋市のゼロメートル地帯は約死者2000人の大被害を受けたが、人びとはその後再びこの地に戻り住み、人口の減少が見られることはなかった。

 伊勢湾台風以降、各地で海岸・河川堤防等の整備が行われ約半世紀が経過した。この間、大きな人的被害をもたらす高潮災害がないまま都市化が進展したことから、多くの国民は高潮災害の恐さへの実感を失ったかもしれない。
 しかし、意外な側面を忘れてはならない。それは、かつて3大湾を襲った昭和の一連の台風に匹敵する強大な台風が、第二室戸台風を最後に日本本土に上陸していないという事実だ(沖縄などの離島を除く)。

 米国では2005年にハリケーン・カトリーナが、市域の約半分がゼロメートル地帯であるニューオーリンズを襲い、堤防が決壊、洪水によって壊滅的な被害を受けた。
 この教訓を受け、わが国では中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」による室戸台風級の襲来を想定した東京湾の高潮氾濫の被害想定を行い、浸水面積約280平方km、浸水区域人口約140万人、孤立者数最大約80万人、死者約7600人を推定・公表した。

 東日本大震災では地震津波災害について“未曾有の想定外”が発生した。この半世紀、大規模な風水害が起こっていないことで「日本は風水害に強くなった」との思い込みがあるとすれば、“安全神話”の再現になりかねない。

関連用語

外水氾濫 外水氾濫とは、川の水が堤防からあふれる、または川の堤防が破堤した場合に起こる洪水を言う。堤防を境界
局地的豪雨 局地的豪雨とは、気象庁の気象用語で「局地的大雨」とされる豪雨で、「急に強く降り、数十分の短時間に
ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨とは、大都市のヒートアイランド化によるとみられる局地的・突発的な集中豪雨を言う。もとも
洪水氾濫危険区域 洪水氾濫危険区域とは、洪水時の河川水位より地盤の低い区域のことを言う。わが国では、急速な都
集中豪雨 集中豪雨とは、局地的、突発的に狭い地域に大量に降る雨を言う。気象庁ではこれを予報解説資料などに用い
首都圏大規模水害の被害想定 首都圏大規模水害の被害想定とは、中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会
スーパー堤防 スーパー堤防とは、河川の街側を盛土して、洪水で水が堤防を越えたり破堤しても、あふれた水を斜面に
台風 台風とは、赤道より北で東経180度より西の北西太平洋、または南シナ海にある熱帯低気圧で、低気圧域内の最大
高潮 高潮とは、台風や発達した低気圧の接近によって沿岸部に生じる海面の上昇を言う。海に囲まれているわが国は、
ダウンバースト ダウンバースト(英語:downburst)とは、積乱雲からの強い下降気流で、局地的・短時間に地表で四
都市型水害 都市型水害とは、都市特有の水害を言い、その災害要因は大きく3つに整理できる。1つは、都市の地表がア
内水氾濫 内水氾濫とは、市街地に降った雨が、短時間で排水路や下水管に一挙に流入し、雨水処理能力を超えてあふれ
バックビルディング現象 バックビルディング現象とは、積乱雲が風上(西側)で繰り返し発生して風下では雨が降り続

メニュー