リスクコミュニケーションとは

カテゴリ: 企業防災

読み: りすくこみゅにけーしょん

 リスクコミュニケーションとは、一般的には、企業が、社会的責任として、消費者や地域住民、地域行政に対して様々な製品リスク情報を開示して共有するための広報活動を言う。

 いっぽう、最近では、環境リスクとして、ダイオキシンやアスベストの健康への影響、農作物の遺伝子組み換えの問題や狂牛病問題など食の安全性の問題が顕在化してきたことから、企業と行政や住民、消費者などが、それぞれの立場でリスクに対して同じ認識や主体性を持った考えができるような双方向のコミュニケーションを形成することを指すようにもなっている。

 また、環境省によれば、リスクコミュニケーションは「市民、産業、行政等のすべての者が共有しつつ、相互に意思疎通を図ること」と定義している。リスクについて意見交換することで、相互理解を促進しリスクの低減を図るという趣旨であり、相手を説得するものでも、自分の言い分を受け入れてもらうものでもなく、また、関係者全員の合意を目的とするものでもない、リスクコミュニケーションとは信頼や理解を深めていく過程だとしている。

 例えば、ある企業の工場が排出する化学物質について住民説明会を開き、その排出量や危険性、環境保全の取り組みを説明することで住民の不安を和らげ、企業も削減に努力し、相互理解を進めることなどがリスクコミュニケーションとなる。

関連用語

SCM(サプライチェーンマネジメント) SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、企業が、取引先との間の受発注、
ディザスタリカバリ BCP(事業継続計画)とは、英語のBusinessContinuityPlanningの頭文字をとったもので事業継続
BCP(事業継続計画) BCP(事業継続計画)とは、英語のBusinessContinuityPlanningの頭文字をとったもので事業継続

メニュー