内水氾濫とは

カテゴリ: 風水害

読み: ないすいはんらん

 内水氾濫とは、市街地に降った雨が、短時間で排水路や下水管に一挙に流入し、雨水処理能力を超えてあふれる、あるいは川の水位が上昇して雨水をポンプで川に流せずに、市街地の建物や土地、道路などが浸水することを言う。
 堤防を境界として、人の居住地の外(河川側)を「堤外地」、居住地側を「堤内地」と呼ぶことから、河川(堤外地)の状況に関わりなく、堤内地(居住地=市街地)で排水が追いつかないために市街地にあふれた雨水を内水、内水よって水害が生じることを内水氾濫と呼ぶ(逆に、河川の水は外水で、外水があふれる水害は「外水氾濫」となる)。

 通常、都市部の地表の多くは、透水性の低いビルや道路などでおおわれ、土が露出している部分が少ない。このため雨水が浸透しにくく、短時間で排水路や下水管の容量を超えて雨水があふれ出す。さらに、内水氾濫では、堤防が破堤したりして外水が市街地にあふれ出て、小河川に逆流してそれがまたあふれることもある。

 わが国の都市部では一般的に、1時間雨量50mm以上の雨が降るとマンホールから雨水が逆流し、川があふれなくても、市街地が浸水すると言われるいっぽう、近年、1時間雨量100mmを超える記録的な集中豪雨も多発している。

 人口が集中し、地下室・地下街、ライフライン、交通網(アンダーパス、トンネルなど)が高密度で集積している都市部では、内水氾濫で人的な被害が起こることは十分予想され、経済的にも甚大な被害が発生する可能性がある。

 内水氾濫への対策としては、これまでの治水施設等の整備推進をはじめ、雨水管の増強などがある。また、公園や駐車場、道路・学校・ビル・住宅などでの雨水貯留浸透施設(地表面や建物の地下を利用して雨水を一時的に貯めたり地下に浸透させて河川への雨水流出量を抑制する)や防災調整池、遊水地の整備などが進められている。東京都の神田川・環状七号線地下調節池は、その規模の大きさで知られる。

関連用語

外水氾濫 外水氾濫とは、川の水が堤防からあふれる、または川の堤防が破堤した場合に起こる洪水を言う。堤防を境界
局地的豪雨 局地的豪雨とは、気象庁の気象用語で「局地的大雨」とされる豪雨で、「急に強く降り、数十分の短時間に
ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨とは、大都市のヒートアイランド化によるとみられる局地的・突発的な集中豪雨を言う。もとも
洪水氾濫危険区域 洪水氾濫危険区域とは、洪水時の河川水位より地盤の低い区域のことを言う。わが国では、急速な都
集中豪雨 集中豪雨とは、局地的、突発的に狭い地域に大量に降る雨を言う。気象庁ではこれを予報解説資料などに用い
首都圏大規模水害の被害想定 首都圏大規模水害の被害想定とは、中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会
スーパー堤防 スーパー堤防とは、河川の街側を盛土して、洪水で水が堤防を越えたり破堤しても、あふれた水を斜面に
ゼロメートル地帯 ゼロメートル地帯とは、沿岸地域で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地を言う。海抜ゼロ
台風 台風とは、赤道より北で東経180度より西の北西太平洋、または南シナ海にある熱帯低気圧で、低気圧域内の最大
高潮 高潮とは、台風や発達した低気圧の接近によって沿岸部に生じる海面の上昇を言う。海に囲まれているわが国は、
ダウンバースト ダウンバースト(英語:downburst)とは、積乱雲からの強い下降気流で、局地的・短時間に地表で四
都市型水害 都市型水害とは、都市特有の水害を言い、その災害要因は大きく3つに整理できる。1つは、都市の地表がア
バックビルディング現象 バックビルディング現象とは、積乱雲が風上(西側)で繰り返し発生して風下では雨が降り続

メニュー