地震火災とは

カテゴリ: 火災

読み: じしんかさい

 地震火災とは、地震の揺れによる建物倒壊や、建物内での転倒・落下物から生じる火災を言う。

 地震火災は、本震直後から出火し、その件数は建物倒壊数に比例して増大するとされる。また使用中の火気器具の多さにも関係するため、季節・時刻・建物用途などによって出火可能性は大きく変わる。
 大都市直下で起こる地震では、多数の建物が倒壊して同時多発的に火災が発生することが想定されている。

 同時多発的な地震火災では、消防力の分散、建築倒壊や道路損壊による交通障害の発生、消火栓や水道管の破損による水利不足、交通渋滞などの要因が複合して消火活動が阻害されることから、延焼可能性が高まる。
 このため、自助による初期消火や地区住民の共助による初期消火が重要となるが、古い木造住宅が密集する地区では、延焼からの逃げ遅れの心配もあり、初期消火をどこまで行うかが課題となる。

 阪神・淡路大震災では、地震の2時間後以降の出火原因の大部分が電気関係で、揺れの直前に使用していた電気製品が通電再開によって出火する「通電火災」も新たな防災課題として浮上した。

 個人レベルでの地震火災対策は、「揺れたらまず身を守る、揺れがおさまったら火の始末、火の元の確認」が重要。自宅から避難するときは「ガス元栓、電気器具のスイッチを切ってブレーカーを落としておく」。
 また、日常的に地震を意識した家具固定・配置を心がけ、対震消火装置のような安全器具がついた火気器具を利用したい。

 自治体レベルでは、地震火災延焼を阻止するため、木造密集住宅地域(木密地域)の緩和・解消や、延焼緩衝地帯として道路拡幅、公園・緑地帯などの広いオープンスペースの整備、河川や崖などの自然地形や鉄道などの構造物・地物を利用した延焼遮断体の整備などがある。

関連用語

煙死 煙死とは、火災で、有毒ガスを吸い込んだり、煙にまかれたりして死亡に至ることを言う。一般的に火災での死因
火災からの避難 火災には、いつどんな状況で遭遇するかわからない。重要なことは、日常、火災が起こった場合に危険
出火原因 出火原因とは、火災が発生した原因のほか、火災が拡大するに至る一連の要因を指して言う。出火原因を明ら
初期消火 初期消火とは、出火の初期の段階で、その付近にいる人などが、応急的に消火作業を行うことを言う。火災は
住宅火災 住宅火災とは、私たちの生活の場である住宅(一般住宅、共同住宅、併用住宅)で発生する火災を言う。住宅
住宅用火災警報器 住宅用火災警報器とは、2006年6月の改正消防法施行で、すべての住宅に設置が義務づけられた火災
スプリンクラー スプリンクラーとは、消防用設備の1つで、建物・空間の天井または屋根下部分に配置され、火災発生
避難誘導灯 避難誘導灯とは、避難口や通路、階段や、避難器具へ誘導するための緑色に光る表示標識を言う。避難誘導

メニュー