文化財防火デー(1月26日)とは

カテゴリ: 防災イベント

読み: ぶんかざいぼうかでー

 文化財防火デーとは、国が設けた記念日で、文化財を火災や震災、その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開して国民の文化財愛護に関する意識の高揚を図る日。毎年1月26日を文化財防火デーとしている。

 文化財防火デーの制定は、1949(昭和24)年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上して壁画が焼損したことが契機。
 法隆寺金堂の焼損した日であることと、1月と2月がもっとも火災が発生しやすい時期であることから、1955年に1月26日を「文化財防火デー」とすることを定めた。

 毎年この日を中心に全国的に、文化庁、消防庁、都道府県・市町村教育委員会、消防署、文化財所有者、地域住民等が連携・協力して、文化財を火災や震災から守るための訓練が行われている。

 ちなみに、2013年1月の第59回文化財防火デーでは、善導寺(福岡県久留米市)と浅草寺(東京都台東区)で大規模な防火訓練が行われたほか、全国各地の文化財所在地で防火訓練が実施された。

関連用語

危機管理産業展 危機管理産業展とは、「防災」、「リスク管理」、「防犯」という危機管理分野を横断的に統合した国
震災対策技術展 震災対策技術展とは、1995年阪神・淡路大震災を機に始まった世界初の震災対策技術展で、1997年から
津波防災の日(11月5日) 津波防災の日とは、津波防災の意識を高めるために創設された新しい記念日。2011年3月の東
東京国際消防防災展 東京国際消防防災展(英文名:FIRE-SAFETYTOKYO)とは、消防防災に特化したわが国最大級の展示
防災とボランティアの日(1月17日) 防災とボランティアの日とは、1995年阪神・淡路大震災を契機に国が設けた記念
防災の日(防災週間) 防災の日(防災週間)とは、国が設けた記念日で、政府、地方公共団体などの防災関係機関をは

メニュー