津波の河川遡上とは

カテゴリ: 津波

読み: つなみのかせんそじょう

 津波の河川遡上とは、津波が陸地に来襲するとき、河口や運河・水路から入り、河川や運河・水路に沿って遡上して内陸深くまで進み、河岸堤防を越えて市街地や田畑に浸水することを言う。
 河川を遡上する津波は伝播速度が速く、海岸から津波が来ると思い込んでいると、津波が先回りして内陸部で堤防を超えて市街地に浸入することがあり得る。後ろから津波に不意を突かれるという危険な状況も起こり得るので要注意だ。

 東日本大震災では、津波の遡上は、陸上浸水域に比べて海岸線からの遡上距離が2倍程度にも及び(北上川では堤防の堤頂面を2m超える津波が河口から約50km遡上)、市街地内や田畑に浸水した。また河口部で橋が落ちたり、堤防が破られる事例が多かった。

 津波の河川遡上による被害は、砂洲やラグーン(浅い湖沼)などの河口地形・環境の破壊をはじめ、堤防・護岸の損傷、水門・堤防からの越流、内陸部の浸水などがある。
 地域によっては、津波が船舶や木材等の漂流物を巻き込みながら河川を遡上する場合もあり、これら漂流物が橋に衝突して落橋や橋桁の損傷といった被害をもたらし、さらに橋を利用する自動車や鉄道への2次的被害を引き起こす。また、田畑への津波浸水による農地の塩害も復旧に長期間を要する被害となる。

 通常の河川構造物の設計や防災対策はそもそも、洪水等の流水が上流から下流方向に作用する場合を考慮して設計されているため、通常の川の流れと逆方向となる津波の河川遡上は想定していない。東日本大震災での津波は千年に一度の大規模なものであったことから、南海トラフ巨大地震などを想定して津波の河川遡上対策はむずかしいところがある。

 人命にかかわるもっとも重要な防災対策として、ハード面に加えて、正しい避難情報の発信がある。冒頭述べたが、一般的に私たちは、津波は海岸から内陸に押し寄せると思い込んでおり、津波が河川を遡上して堤防を越流して内陸部に流れ込む状況、端的に言えば、海岸と逆方向の後ろから津波が襲うことがあり得ることを理解している人は少ない。
 津波避難の標語に「少しでも速く、高く、遠くへ避難」があるが、河川遡上を考慮するとき、“遠くへ”は必ずしも正しくはない。「海岸や河川から遠くへ」が正しいことになる。

関連用語

命山 命山(いのちやま)とは、台風による高潮や津波、洪水で地域が浸水したときに、住民が緊急避難するためにつく
遠地津波 遠地津波とは、気象庁の定義によれば、「日本の沿岸から600km以遠に発生した地震による津波。その地点で
率先避難者 率先避難者とは、身近に危険の兆しが迫っているとき、あるいは危険情報に接したときに、その危険をイメ
津波 より高くなる。また、津波と普通の波との大きな違いは波長で、普通の波の波長が数メートル~数百メートルであ
津波火災 津波火災とは、津波をきっかけに浸水域で発生する火災を言う。水と火という本来相容れない要因が結びつく
津波地震 津波地震とは、地震波動が比較的小さいが、大きな津波を起こす地震を言う。「ぬるぬる地震」の呼び方もあ
津波てんでんこ 津波てんでんことは、津波の被害を何度も受けてきた三陸地方沿岸部の人びとの“危機管理の知恵”で
津波避難タワー 津波避難タワーとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所で、数
津波避難ビル 津波避難ビルとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所として市町
津波漂流物 津波漂流物とは、津波が沿岸部に来襲することによって、破壊され、押し流されるあらゆる形あるものを言
津波(浸水)ハザードマップ 津波(浸水)ハザードマップとは、津波から適切な避難をするのに必要な、津波の危険度

メニュー