災害医療とは

カテゴリ: 災害医療

読み: さいがいいりょう

 災害医療とは、大規模災害(地震、津波など)が起こり、多数の傷病者が同時的に発生し、対応する地域の医療体制の能力を上回る場合の医療・医療体制を指す。また、パンデミック(感染症や伝染病の世界的流行)での医療対応を含むこともある。

 広い定義では、医療システムが保たれ、地域の医療施設で対応できる限局的な集団災害(大事故の場合など)での医療を含むこともある。
 一般的には、短期間でコントロール下に置かれ、地域外援助を必要としない場合は災害医療とは言わない。

 災害医療の最優先課題は「いかにして救うことのできる命を救うか」である。そのため、傷病者の緊急度や重症度を考慮し、治療や搬送の優先順位の判定を行う「トリアージ」が行われ、優先順位に従って搬送や治療が実施される。

 傷病者は災害支援病院などのほか、近隣の医療機関で応急手当を受け、治療が困難な重症患者は広域災害支援病院へ搬送される。航空機等を使用して広域医療搬送を行うこともある。

 なお、一般的に言われる災害医療には、救急医療のほかに災害関連死、避難所などでの感染症、PTSDのケアなど、対応の幅は広い。また死体検案(身元確認、死因解明など)も重要な災害医療対応となる。

関連用語

エコノミークラス症候群 エコノミークラス症候群とは、飛行機内(とくにエコノミークラス)で長時間同じ姿勢を取り
クラッシュシンドローム クラッシュシンドロームは、クラッシュ症候群、挫滅(ざめつ)症候群とも呼ばれる。建物倒
心のケア 心のケアとは、災害や病気、犯罪、事故などで危機的なできごとに遭遇したことにより心身等に発生する問題
災害拠点病院 災害拠点病院とは、医療法により、災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院のことを言う。
DMAT DMAT(ディーマット)とは「災害派遣医療チーム」(DisasterMedicalAssistanceTeam)のこと。「災害急性期に
トリアージ トリアージ(Triage)とは、負傷度による「負傷者の選別」を言う。フランス語のtrier(選り分け)が語
PTSD PTSDとは、心的外傷後ストレス障害(Post-TraumaticStressDisorder)の略で、生命の危機を体験したり、家族や

メニュー