耐震、制震、免震とは

カテゴリ: 地震

読み: たいしん、せいしん、めんしん

 耐震、制震、免震とは、建物の地震被害を軽減する建築技術の工法3種を言う。

 まず「耐震」とは、地震の力に対し、合板・パネル、筋交いなどで骨組み・壁の強度を上げて、粘り・耐える構造にする技術で、建物自体の強度で倒壊を避ける方法。建築基準法の耐震基準は、この技術による耐震性能を義務づけるものであり、免震・制震などを採用するにしても、まずは地震に対する建物の強度を高めるという意味で基本的な構造となる。つまり、耐震工法の建物に付加して、次の制震・免震などが盛り込まれると言っていい。

 「制震」とは、躯体(建物の柱、梁、壁など構造上重要な部分)に、ゴムダンパーやオイルダンパーなどの制震装置を組み込んだり、建物の固有周期と同じ周期で揺れる錘(おもり)を取り付けたりして、建物に伝わった地震の揺れを吸収する構造。繰り返しの地震に有効とされ、地震の揺れが上の階ほど増幅する高層ビルや大規模建築物に有効な技術とされる。免震に比べるとコストは安価。

 「免震」とは、建物と基礎との間に免震装置を設置して、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造。一般的には、建物と基礎の間に積層ゴム(金属とゴムを層状に重ね合わせたもので、水平に動きやすい)を敷いたり、スプリング、スライドする装置などを設置する。
 免震は地震の水平方向の揺れには強いが、縦揺れに対して弱いとの指摘がある。建物を浮かせる構造なので、コストは大きく、免震装置の定期的なメンテナンスも必要となる。
 ちなみに、建物全体ではなく建物内の一部設備に免震装置を使うケースは、精密機器を置く工場やデータセンターでは必須となりつつある。また意外なところでは美術館・博物館での作品保護に大きなニーズがあるようだ。

 なお、1995年1月の阪神・淡路大震災では、死者の約8割が建築物の倒壊や室内の家具等の転倒によるもので、家具等の転倒によるものは約4割にのぼっている。したがって、阪神・淡路大震災以降の地震対策は、建築物の耐震化と同時に、室内の家具等の転倒防止対策に重点が置かれている。
 「建物内の揺れを軽減する」という観点から耐震、制震、免震を評価すれば、免震が有効であることは確かだ。

関連用語

液状化現象 液状化現象とは、地震の震動によって地盤が液体状になる現象を言う。1964年新潟地震で、砂が泥水となっ
駅前滞留者 駅前滞留者とは、首都直下地震など大都市に影響を与える地震が発生した場合、交通機関の運行停止などに
エレベーター閉じ込め 出困難な状況となることを言う。1981年6月から、エレベーターには「地震時管制運転装置」(
海溝型地震 海溝型地震とは、一般的には、日本列島の海側で起こる地震を言う。日本列島周辺で起こる地震は、日本列
確率論的地震動予測地図 確率論的地震動予測地図とは、わが国とその周辺で発生する主要活断層帯と海溝型の地震のほ
家具固定 家具固定とは、地震で家具が転倒・移動・落下してケガをしないよう、家具類の転倒・移動・落下を防止する
活断層 活断層とは、最近数十万年の間に活動をした形跡が地形に残っていて、将来も活動して地震を発生させると考え
ガル ガルとは、人間や建物にかかる瞬間的な力、加速度の単位で、地震の揺れの大きさを表す単位となる。記号は「Gal
基幹的広域防災拠点 基幹的広域防災拠点とは、大規模かつ広域的な災害が発生した際に、国や地方自治体などの合同現
既存不適格建物 既存不適格建物とは、建築時には適法に建てられた建築物で、その後改正された建築基準法では違反し
帰宅困難者 帰宅困難者とは、地震などの自然災害発生時に、勤務先や外出先にいたり、通勤・通学中だったり、買い物
帰宅支援 帰宅支援とは、地震などの災害で交通機関が運行を停止して帰宅困難者となった人たちのうち、やむを得ず徒
緊急交通路 緊急交通路とは、大規模な災害が発生した際に、災害対応を実施する消防・救急・警察・自衛隊などの緊急
宏観異常現象 宏観異常現象とは、大地震の前に、人の感覚によって感知される前兆現象と見られる現象の総称を言う。
孤立集落 孤立集落とは、中山間地域、沿岸地域、島嶼(とうしょ)部などの地区・集落で、地震や風水害などの要因に
コンビナート災害 コンビナート災害とは、石油化学工業や鉄鋼業などが生産性の向上のため、また原材料・燃料などの
相模トラフ地震 相模トラフ地震とは、相模湾北西部から房総半島南東沖を経て、日本海溝と伊豆・小笠原海溝の境界に
30年発生確率 30年発生確率とは、地震調査研究推進本部が公表する「確率論的地震動予測地図」をはじめとする地震調
シェイクアウト シェイクアウト(ShakeOut)とは、2008年から始まった米国発祥の地震防災訓練の名称。当初は南カリ
首都直下地震 首都直下地震とは、人口、政治・行政機能、企業の本社機能等が集中する首都圏の直下で発生する想定地
新耐震基準 新耐震基準とは、建築基準法(建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた法律)に定
震度 震度とは、ある場所での地震による揺れの強さを表わす指標を言う。気象庁が発表する震度は、気象庁、地方公共
地震考古学 地震考古学とは、1988年に地震地質学者である寒川旭(さんがわ・あきら、1947-)氏によって提唱された
地震発生可能性の長期評価 地震発生可能性の長期評価とは、地震調査研究推進本部・地震調査委員会が公表する、主要
地震防災戦略 地震防災戦略とは、中央防災会議がまとめた被害想定に基づいて対策大綱を定めた想定大規模地震を対象
地震防災対策強化地域 地震防災対策強化地域とは、「大規模地震対策特別措置法」(通称「大震法」。1978年施行)に
地盤 地盤とは、建物などの基礎を支える地面のことを言う。地震防災の観点からは、地盤はその性質により、地震の揺
想定地震 想定地震とは、防災対策を講じるうえで想定する地震、またはその地震像を言う。中央防災会議は、ある区域
耐震診断 耐震診断とは、既存の建物にどの程度の耐震性能があるのかを調査することで、人間の健康診断に例えられる
耐震補強 耐震補強とは、建物の耐震性を高めるために、建物の構造(基礎・土台、柱、梁、床、壁、天井)に対して行
建物耐震化 1995年1月の阪神・淡路大震災では、死者の約8割が建築物の倒壊や室内の家具等の転倒によるものだった(
大規模地震対策特別措置法 大規模地震対策特別措置法とは、わが国で唯一、地震発生の直前予知の可能性があるとされ
中部圏・近畿圏直下地震 中部圏・近畿圏直下地震とは、中央防災会議「東南海、南海地震等に関する専門調査会」にお
長周期地震動 長周期地震動とは、周期数秒から十数秒の固有周期を有する地震動で、ゆっくりとした揺れが非常に長く
直下地震 直下地震とは、内陸部の人の住む地域の真下で発生する地震を指す。おおむね30kmよりも浅い地殻の内部で活
東海地震、東南海・南海地震 東海地震、東南海・南海地震とは、駿河湾から東海地方、紀伊半島、四国にかけての南方
東海地震に関連する情報 東海地震に関連する情報とは、わが国で唯一予知が可能と考えられる東海地震について、東海
東京都 首都直下地震被害想定 東京都首都直下地震被害想定とは、東京都防災会議(会長:石原慎太郎・東京都知事=
東京都帰宅困難者対策条例 東京都「帰宅困難者対策条例」は2013年4月1日に施行された。その背景には、2011年3月11
南海トラフ巨大地震 南海トラフ巨大地震とは、駿河湾から東海地方、紀伊半島、四国にかけての南方沖約100kmの海底
日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震 日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震とは、房総半島の東方沖から択捉島の東方沖に
ぬるぬる地震 ぬるぬる地震とは、プレート境界や地下の断層が地表に大きな揺れをもたらさないまま、比較的長時間で
被害想定 被害想定とは、防災対策立案に資するために行う災害発生後の被害程度の予想・推計を言う。中央防災会議は
非構造部材の落下 非構造部材の落下とは、建築物の骨格となる躯体の構造材料以外の材料が、耐震対策が不十分で、地
ひずみ集中帯 ひずみ集中帯とは、地殻変動によるひずみ(歪み)がとくに集中する地域のことを言う。地球の表面は、
プレートテクトニクス プレートテクトニクスとは、地球の表面が何枚かの固い岩板(プレート)で構成されており、こ
マグニチュード マグニチュードとは、地震の大きさ(地震が発するエネルギーの大きさ)を表す指標(英語でmagnitud
木造住宅密集地域 木造住宅密集地域とは、都市の市街地で木造住宅が密集して建っている地域。戦後焼け残った地域に
余震 余震とは、大きな地震の発生後、時間を経過してその近くで発生する地震を言う。最初の大きな地震を「本震」と
ライフライン途絶 ライフラインは、直訳すれば“命綱、生命線”を意味するように、現代社会にあっては生活維持はも

メニュー