防災とボランティアの日(1月17日)とは

カテゴリ: 防災イベント

読み: ぼうさいとぼらんてぃあのひ

 防災とボランティアの日とは、1995年阪神・淡路大震災を契機に国が設けた記念日で、災害時のボランティア活動、自主的な防災活動への認識を深める日。阪神・淡路大震災発災日の1月17日を防災とボランティアの日としている。

 阪神・淡路大震災では、延べ約138万人のボランティアが全国から駆けつけ、「ボランティア元年」の言葉を生んだ。このような各種ボランティア活動の重要性が広く認識されたことで、発災年の1995年12月、閣議了解により「防災とボランティアの日」を毎年1月17日に、また「防災とボランティア週間」を毎年1月15~21日にすることとした。

関連用語

危機管理産業展 危機管理産業展とは、「防災」、「リスク管理」、「防犯」という危機管理分野を横断的に統合した国
震災対策技術展 震災対策技術展とは、1995年阪神・淡路大震災を機に始まった世界初の震災対策技術展で、1997年から
津波防災の日(11月5日) 津波防災の日とは、津波防災の意識を高めるために創設された新しい記念日。2011年3月の東
東京国際消防防災展 東京国際消防防災展(英文名:FIRE-SAFETYTOKYO)とは、消防防災に特化したわが国最大級の展示
文化財防火デー(1月26日) 文化財防火デーとは、国が設けた記念日で、文化財を火災や震災、その他の災害から守る
防災の日(防災週間) 防災の日(防災週間)とは、国が設けた記念日で、政府、地方公共団体などの防災関係機関をは

メニュー