BCP(事業継続計画)とは

カテゴリ: 企業防災

読み: びぃーしーぴー(じぎょうけいぞくけいかく)

 BCP(事業継続計画)とは、英語のBusiness Continuity Planningの頭文字をとったもので事業継続計画と訳されている。企業や組織・団体(行政も含む)の危機管理用語で、その意味は、災害や事故などが発生したときに、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続する、あるいは早期に事業を再開するために事前に策定する有事を想定した行動計画を言う。

 具体的には、災害などが起こって事業が中断すると、その間に顧客が競合他社へ流出したり、マーケットシェアが低下、企業評価・信頼度が低下するなど、最悪、事後の倒産につながる事態を招きかねない。BCPでは、企業・組織のトップマネジメントが参画してあらゆる事態を想定し、バックアップシステムの整備、代替オフィスの確保、要員の確保、 迅速な安否確認などの具体策を策定する。

 なお、BCPにより包括的な意味を持たせたBCM(事業継続管理=Business Continuity Management)もあり、BCMは、組織にとって重要な事業の継続能力を維持・改善させるための経営管理手法を言う。BCPはBCMのなかの有事行動計画と位置づけられ、BCMの一環として企画される訓練などにより定期的に見直される。

関連用語

SCM(サプライチェーンマネジメント) SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、企業が、取引先との間の受発注、
ディザスタリカバリ BCP(事業継続計画)とは、英語のBusinessContinuityPlanningの頭文字をとったもので事業継続
リスクコミュニケーション リスクコミュニケーションとは、一般的には、企業が、社会的責任として、消費者や地域住

メニュー