WHO 世界保健機関とは

カテゴリ: 新型インフルエンザ

読み: だぶりゅえいちおー せかいほけんきかん

世界保健機関(WHO:World Health Organization)とは、人間の健康を基本的人権のひとつとしてとらえ、「すべての人びとが可能な最高の健康水準に到達すること」(世界保健憲章第1条)を目的とする国際連合の専門機関(国連機関)である。1946年、国際保健会議が採択した世界保健憲章(1948年4月7日発効)によって設立された。通称、WHO。
 WHOの本部はスイス・ジュネーヴで、設立日である4月7日は、世界保健デーとなっている。

 WHOの主な活動は、医学情報の総合調整、国際保健事業の指導的かつ調整機関としての活動、保健事業の強化についての世界各国への技術協力、感染症およびその他の疾病の撲滅事業の促進、保健分野における研究の促進・指導、生物学的製剤および類似の医薬品、食品に関する国際的基準の発展・向上などとなる。

 わが国はWHOの活動に対して、財政面・人材・技術面から積極的な協力を行っている。とくに、新型インフルエンザ対策や、ASEAN、ASEMの抗ウイルス薬備蓄事業を通じた協力、鳥・新型インフルエンザ対策支援、新型インフルエンザ対策のためのワクチン事業などで貢献している。また、災害時の緊急医療支援やポリオ根絶計画などで大きな実績を上げている。

 なお、1995年に設立されたWHO神戸センター(WHO健康開発総合研究センター)は、社会、経済、環境の変化が及ぼす健康への影響、またそれらの保健政策への反映について応用研究を行っている。

関連用語

ウイルス突然変異 ウイルス突然変異とは、これまでにヒトに感染しなかったインフルエンザウイルスが、ヒトへ感染す
高病原性鳥インフルエンザ 高病原性鳥インフルエンザとは、鳥に感染するA型インフルエンザウイルスのなかでも、と
国立感染症研究所 感染症情報センター 国立感染症研究所感染症疫学センター(旧・感染症情報センター*2013年4月1
新型インフルエンザ 新型インフルエンザとは、新たに人から人に感染する能力を有することとなったインフルエンザウ
新型インフルエンザ等対策特別措置法 新型インフルエンザ等対策特別措置法とは、新型インフルエンザ等に対する各種
鳥インフルエンザ A(H7N9) ウイルス 鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスとは、2013年3月末から中国での発生が報告
パンデミック パンデミックとは、感染症などが広い地域(世界的)で同時に流行すること、あるいは、世界的に流行す
パンデミック警戒フェーズ パンデミック警戒フェーズとは、国連の世界保健機関(WHO)による新型インフルエンザに
米国CDC 米国CDCとは、米国ジョージア州アトランタに本部を置く米国保健福祉省(DHHS)所管の感染症対策の総合研究

メニュー