防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

ユニークな“多目的”「防災イス」が話題に

業務用家具製造や卸売を手掛ける「ミトノ」が販売している防災機能付きの椅子「PUT On Stool‐Float」が、NHKの番組で取り上げられるなど話題を呼んでいる。

この椅子は、通常の椅子として使用できるのはもちろん、災害時にはライフジャケット、ヘルメット、そして避難所での座椅子として利用できる点が売り。発砲素材が使われていることで水中では浮力が生じ、前脚の中に頭を入れて着用すればライフジャケットの機能を果たし、後脚を持って頭から被れば強度の高い合板と発砲素材がクッションとなって落下物から身を守る役割を果たすほか、椅子を逆さにすることで発砲素材をクッションに、前脚を背もたれにした座椅子として、避難所などで利用できる。

価格は28,350円(税込)で、防災用品店、家具販売店、インターネットなどで発売されている。

 あなたにオススメの記事

メニュー