防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

亀田製菓、宇宙ステーションにも採用された乾燥備蓄米最大手を買収

亀田製菓、宇宙ステーションにも採用された乾燥備蓄米最大手を買収

 ​亀田製菓は、宇宙ステーションにおける食品としても採用された乾燥備蓄米(アルファ米)の最大手である尾西食品の株式を取得し、子会社化することを発表した。


 尾西食品は米を原料とする長期保存食の草分けであり、同業界のトップメーカー。昨今の災害等危機対応の意識の高まりを受け、炊きたての風味を損なうことなく5年間の長期保存が可能な同社の米飯およびその加工品は大きな注目を浴びている。また、同社のアルファ米製造技術を含む食品の長期保存技術が評価され、宇宙航空研究開発機構の宇宙ステーションでの食品としても同社製品が採用されている。こうしたことを背景に同社は業績を伸ばしてきており、これに目をつけた亀田製菓が買収に踏み切ったようだ。

 あなたにオススメの記事

メニュー