防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

次世代制震システム「EVAS」で個人宅にも高層ビル並の強度を

 高層ビルなどに使われる「制震技術」が、個人住宅にも導入されるようになってきた。
 山口県のアイフルホーム岩国店が発表した新しいモデルハウス「Newセシボ」は、次世代制震システム「EVAS(イーバス)」を採用。地震エネルギーの吸収性が高いゴムなどの素材を柱や壁に貼り付け、建物全体で衝撃を吸収する仕組みだ。このシステムは高層ビルの制震にも用いられているものと同様の技術で、一般の家でも高層ビル並みの地震に対する備えを実現している。高機能ながらコストは押さえられており、同社は「従来の免震構造技術に比べて50%近くのコストカットが可能なケースもある」としている。

  また、従来の耐震技術では一度の大震災でその能力を使い果たし、再度大地震に見舞われた際に対応できない可能性もあったが、次世代耐震システムは「複数回の大震災に耐える能力がある」という。
  担当者によれば来場者の反応は上々とのことで、小さな親子連れを始め、子供夫婦が建てる家を探す高齢者なども目立っていたそうだ。同社は「新たな震災への努力は始まったばかり。これからも安全性の高い住宅開発を推進したい」と話している。

 あなたにオススメの記事

メニュー