防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

L&P 炊飯器やテレビにも利用可能な小型発電機を発売

 環境商品の製造・販売を行うL&Pは14日、家電への電力供給が可能な小型の発電機セットを発売すると発表した。


 製品は、ポータブル電源と折り曲げ可能なソーラーパネルをセットにしたもの。瞬間最大出力は2000W、バッテリー容量は1000Whだという。電源部分は33.5キロと重たいが、キャリーバックのように取っ手を持って移動できる。

 充電はコンセントとソーラーパネルの2種類に対応。コンセントを使った場合は約8時間、ソーラーパネルを使った場合は約11時間でフル充電になるという。32型のテレビであれば約11時間、炊飯器であれば約10回、ノートPCなら約20時間、充電地なら約100回の利用が可能だ。

 公式サイトにはオープンプライスと表記されているが、実勢価格は498,000円程度。


 広報部は「被災地では電源で困っているシーンを多く目撃したので開発に踏み切った。折りたたみ可能なフレキシブルソーラーパネルを採用し、携帯性を高められたと自負している。耐久性に関しても20年近い保障があるので、いざというときの備えに活用してもらいたい」と語っている。  

  

 

 あなたにオススメの記事

メニュー