防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

大進ホンダ、被災地の新成人200人に振袖の配布を計画

第一回、配布会場の様子

 着物販売会社の大進ホンダは、12月5日に岩手県大槌町で「振袖支援プロジェクトの配布式」を開催し、被災した新成人を対象に振袖などをプレゼントする。

 「振袖支援プロジェクト」は、東日本大震災で被災した新成人に、同社が無償で振袖などをプレゼントするという取り組み。昨年、大船渡市で第一回が開催され、150名に振袖、長襦袢、帯、草履、バッグ、ショール、髪飾り、和装小物一式が配布された。今回の第二回は岩手県大槌町で開催を予定し、200名に振り袖などが配布される予定。当日は会場にて自由に着物を選べるという。また成人式が終了しても返却の必要性はないとのこと。

 なお、参加には事前に応募が必要で、応募者が200名に達した時点で締め切りとなるとのこと。期限は12月3日。応募方法などの詳細は事務局(0120-86-3378)まで。

 同社の担当者によると「被災地で着物を持って避難している人を見たことに心が打たれ、こうした取り組みをするようになった。今後もこうした施策は考えている」という。

■配布式概要
日時:2012年12月5日(水)11:00~21:00
場所:大槌町城山公園体育館 武道場(上閉伊郡大槌町小槌第32地割126)

 

昨年、支援を受けた新成人の方々


 あなたにオススメの記事

メニュー