防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

認知症や記憶障害の解明に光明… 忘れた記憶が復活する?理研

いったん忘れても記憶を思い出すマウスの実験に理研の利根川進教授の研究チームが成功した(提供:理化学研究所)

 理化学研究所・脳科学総合研究センターの利根川進教授らのチームは29日、いったんは忘れてしまった記憶を、脳神経細胞を人工的に活性化する方法で記憶を甦らせる実験にマウスで成功したと発表した。認知症や記憶喪失などの解明につながる可能性があるとして期待が寄せられている。


 研究チームは、記憶をつかさどる脳の海馬の神経細胞の活動を人工的に操作できるよう遺伝子操作したマウスを作製し、このマウスを小箱に入れて、弱い電気刺激を与えて「小箱の環境が怖い」ことを記憶させた。


 通常、次に同じ小箱に入れると、マウスは怖い記憶を思い出しておびえるようになる。しかし、記憶が十分できないようにする特殊な薬剤をマウスに注射すると、24時間後に同じ箱に戻しても不快な体験を思い出さなかった。


 この翌日に、マウスを別の小箱に入れて、脳細胞に電気刺激を与えたところ、一度は記憶を失ったはずのマウスがおびえてすくみあがった。研究チームは、「記憶は神経細胞のなかに直接、記憶として保存されている」と結論付けた。


 記憶の形成をめぐっては、脳神経細胞がどのような活動をするのかこれまでまったく解明されてこなかった。利根川教授は「認知症やケガによる記憶喪失の記憶は失われたのではなく、保存されている記憶を取り出せないだけなのかもしれない」として、記憶を取り戻す治療法へ結びつく可能性を示唆した。


 なおこの論文は、米科学誌「Science」電子版に29日付で掲載された。

マウスに記憶の固定化を弱めるタンパク質合成阻害剤という特殊な薬剤を注射したことで、いったんは忘れた怖い体験を思い出した

マウスに記憶の固定化を弱めるタンパク質合成阻害剤という特殊な薬剤を注射したことで、いったんは忘れた怖い体験を思い出した(提供:理化学研究所)

 あなたにオススメの記事

メニュー