防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

三宅島で海面変色 地震との関連不明

 警視庁は18日午前8時に、三宅島近海において、エメラルドグリーンに海面が変色しているのを確認した。これを受け、海上保安庁も付近を航行する船舶に対して航行警報を発表した。

 

 三宅島では17日夕に震度5強の地震が発生しているが、気象庁は「海面変色現象を確認できていないため、昨日発生した地震との関連性は不明」としている。

 

 今回の海面変色現象は警視庁航空隊のヘリコプターが三宅島の東約7kmの海域で確認したもので、海面が約100mの長さにわたってエメラルドグリーンに変色していたという。

 

 この知らせを受け、海上保安庁が現場付近を調査したが、すでに海面変色は消失しており、確認できなかった。

 

 しかし同海域は船舶の航行が頻繁な海域であることから、海上保安庁では「航行警報」を発表し周辺を航行する船に注意をよびかけるとともに、「異常が確認された海域では今後、特に注意を払って警戒を続ける」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー