防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

自宅の地盤は大丈夫?地盤調査データが無料公開をスタート

自分の知りたいエリアの地盤の強度や活断層、浸水想定区域、土砂災害の危険性を地図上で確認できる「地盤サポートマップ」の無料公開がスタート(提供:ジャパンホームシールド)

 東日本大震災以降、首都直下地震や南海トラフ地震が現実のものとなっているなか、万一に備えて知っておきたいのが、自宅や職場などがあるエリアの地盤の強さ。日本全国の地盤調査や診断の実績を誇るジャパンホームシールド社(東京・墨田区)は今月、同社が過去に行った地盤調査のデータを地図上で閲覧できる無料公開サービスを開始した。


 「地盤サポートマップ」は、ジャパンホームシールド社が全国で行った地盤調査および解析実績100万棟突破を記念して無償提供を始めたもの。


 見たいエリアの住所を検索すると、地盤の強度が「強い」から「弱い」まで4段階で表示され、液状化の可能性や、地震発生時の揺れやすさ、活断層、浸水想定区域、土砂災害の危険性などが地図上で確認できる。


 掲載されているデータは、実際に地盤調査が行われたスポットであることから、信頼性は抜群だ。


 さらに地盤調査データに加えて、最寄駅までの距離が測れる機能や、避難所の位置など生活に役立つ情報も備わっているので、日ごろから防災意識を高めることが期待される。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでもアクセスできるので、ぜひ一度、試してほしい。引っ越しや自宅の建築を考えている人にも役立つこと間違いなしだ。


「地盤サポートマップ」(事前登録不要) http://www.jiban-portal.jp/index.htm

 ▽推奨ブラウザ:Internet Explorer10以上、Google Chrome

地盤の情報(地耐力)

ジャパンホームシールド社が全国100万棟を対象に行った地盤の情報を知ることができる(提供:ジャパンホームシールド)

土地情報

地盤の強度だけでなく、その土地の情報も検索できる(提供:ジャパンホームシールド)

 あなたにオススメの記事

メニュー