防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

北朝鮮に対する警戒レベルを維持 防衛相

 小野寺五典防衛相は19日、閣議後の記者会見で、北朝鮮に対する警戒態勢について警戒レベルを下げる意思はないと語った。


 ミサイルの発射懸念が依然として残る北朝鮮情勢は現状どうなっているのかという記者の質問に対し、小野寺防衛相は「警戒レベルを下げるというような情報には接していない。引き続き警戒監視態勢をとっていく」とコメント。現時点で入手可能な情報を検討した結果、自衛隊の警戒レベルを下げる段階ではないという方針を示した。


 また同相は、菅官房長官から自衛隊の警戒態勢の維持を求められたということにも触れ、自衛隊幹部と毎日会議を開き「遺漏なき態勢をとっている」と述べた。

 あなたにオススメの記事

メニュー