防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

静岡の茶畑地滑り 崩落規模拡大 住民避難解除めど立たず

23日に地滑りが発生した茶畑/提供元 静岡県

 静岡県浜松市の茶畑で23日に発生した地滑りは、24日早朝、更に崩落規模が拡大し、住民は引き続き避難を続けている。


 地滑りの規模は昨日よりもやや拡大し、24日午前7時の段階では幅80メートル、高さ90メートルの範囲が崩壊している。


 また、付近を流れる杉川が茶畑の土砂によって堰き止められた状態で、降り続く雨の影響もあって水位が上昇している。このため県では水をバイパスするための水路を設置し、動向を見守っている。


 静岡県西部では引き続き強い雨が降り続くとみられ、さらなる崩落や増水の可能性があるため、避難勧告を解除するめどは今のところ立っていない。

 あなたにオススメの記事

メニュー