防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

東電 汚染水貯蔵計画の破綻報道を否定

 東京電力は25日、1月時点で汚染水貯蔵計画が破綻していたことを指摘した報道について、これを否定した。


 一部報道によると、東電の計画ではセシウム以外の放射性物質も除去できる新たな除染装置が正常に稼働することを前提とした計画であったがうまく行かず、地上タンクの増設が必要になった。だがタンクの増設も遅れ、1月には地上タンクの容量を超えていたという。


 そのため急遽地下貯水池を利用し、その事実を公表しなかったと指摘。地上タンクを順調に増設していれば地下貯水池を使う必要は無く、今回の事故は発生しなかったとしている。


 東京電力はこれに反論。「地下貯水池への移送は元々計画されていたものであり、意図して隠蔽したものではない。今回の漏洩事故とは別の問題である」という認識を示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー