防災と災害情報のニュースメディア
  • 東日本大震災

がれき処理状況を写真で紹介 環境省「がれきフォトチャンネル」

写真でわかる処理の進捗/がれきフォトチャンネルより

 環境省は、東日本大震災で発生したがれきの処理の進捗状況を知らせる情報サイト「がれきフォトチャンネル」を公開した。


 エリア別のページでは、岩手県を7地区、宮城県を4地区に分け、それぞれの仮置き場や選別施設、仮設焼却炉などの様子を写真で紹介。「写真でわかる処理の進捗」というコーナーでは、仮置き場を定点観測した写真で“ビフォー・アフター”が見られる仕組みだ。広域処理を行う場合は受け入れ先の自治体名を明記し、がれきを移した後の跡地利用の計画も載せている。


 例えば、宮城県亘理町の陸上競技場を利用した一次仮置場は、2011年9月にはがれきが山積みだったが、2013年3月にはすっかり更地に。サイトの写真は随時、増やしていく予定で、今後は現地のインタビューも掲載するという。

 あなたにオススメの記事

メニュー