防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

エリーパワー 産業用蓄電システム「Power Storager 10」を発売

「Power Storager 10」導入イメージ

 大型リチウム電池関連システム開発を行なうエリーパワーは21日、産業用蓄電システム「Power Storager 10」を12月より発売すると発表した。


 発売される「Power Storager 10」は、主にオフィス、工場、商業施設、学校、病院などを対象としている業務用の蓄電システム。導入する規模に応じて容量の異なる異なる4タイプ(15・30・45・60kw/h)が用意されており、定格出力10KVA、出力電圧AC200V。なお、今回のラインナップで一番規模の小さい15kwhのタイプであっても、コンビニ1軒分の照明やレジなどの電力をまかなえるという。


 常に蓄電池を一定量に保つ「バックアップモード」、深夜に蓄電して昼間に使用することで電力のピークシフトに貢献する「ピークシフトモード」の2種のモードを搭載。ワイヤレス通信で365日24時間体制のモニタリングや、世界で初めて「TUV-S マーク」を取得した安全性の高い大型リチウムイオン電池は、釘を刺しても発煙、発火しないという。

 あなたにオススメの記事

メニュー