防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

衛星写真と地図データで「復興支援地図」 ゼンリンなどが提供

「震災復興支援地図」のイメージ(中央)=プレスリリースより

 ゼンリンとNTT空間情報が共同で、東日本大震災の被災地の衛星画像と地図データを重ねて表示する「震災復興支援地図」の提供を13日から始める。被災地の現状を確認することができ、インフラ整備などへの活用を想定している。

 

 対象エリアは、青森、岩手、宮城、福島、千葉の5県と茨城県の一部。NTT空間情報が所有する最新の衛星写真と、ゼンリンが震災後に制作した市町村単位の住宅地図データを、アプリケーションソフト上で重ねて表示する。

 

 写真に道路や河川、地形などの情報が加わることで、現地の状況を視覚的に知ることができる。用途に応じ、オプションで震災前や震災直後の写真、震災前の地図データと組み合わせることもできるという。

 

 インフラの整備計画を立てる自治体や企業をターゲットとしており、価格は1地区1ライセンス29万9250円から(税込)。 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー