防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一原発5・6号機で水漏れ タンクの切り替えミスが原因

 東京電力は17日、福島第一原発5・6号機のタンクから約27.5トンの水が漏れたと発表した。水は原子炉建屋内にたまった地下水などを淡水化処理したもので、放射性物質は検出されてないという。


 17日午前8時55分ごろ、タンク上部から水があふれているのをパトロール中の東電社員が発見。すぐに弁を閉め、漏えいは止まったが、約60平方メートルの範囲にわたって周辺の地面にしみ込んだ。海岸までは100メートル以上離れており、海への流出はないとしている。


 このタンク(容量90トン)には5・6号機の建屋内に流れ込んだ海水や地下水を汲み上げた後、淡水化処理を施して保管している。計8基設置されており、16日に処理水の移送先を切り替えるのを忘れたため、タンクが満杯になり、水が漏れたとみられる。


 東電は、淡水化処理装置を運転する際のチェックシートにタンク切り替えの項目を増やし、作業ミスを防止するとしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー