防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

マンションなどに組立式簡易トイレ常備 神奈川県・藤沢市

 神奈川県藤沢市は26日、津波避難所に指定している民間のマンションなどに組立式のトイレを配備すると発表した。


 今回配備されるのは60秒程度で組立て可能な簡易式トイレ。藤沢市は民間の185棟と避難所協定を結んでおり、まずはこの中から10箇所に40のトイレを配備。次第に数を増やして行くという。同市では、民間の避難施設に簡易トイレを配備するのは、初めてのこと。

 また、すでに組立式簡易トイレを配備している小学校などの施設では、処理袋などの備蓄量を増やす予定。


 担当者によると「以前に開催した避難訓練で、避難時のトイレ事情を心配する声が多かったことから配備を決定した」とのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー