防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

敦賀原発 「日本原電の抗議は筋違い」 原子力規制庁が批判

 日本原子力発電が敦賀原発2号機(福井県敦賀市)直下の破砕帯に関する原子力規制委員会の有識者会合メンバー個人に宛てた抗議文を送付したことについて、原子力規制庁は21日の会見で「こうした抗議文が提出されるのは大変筋違いであり、甚だ不適切」と述べた。

 

 同会見で規制庁は、抗議文の中に「公権力の行使に携わる規制当局として誠に不適切」との表現があったことについて、「有識者会合は専門家の中立的立場から科学的・技術的評価を行なうもので、その評価を受けて規制当局として判断するのは規制委員会」として、「事業者から個人に対し、有識者会合以外の場で、一方的に意見を送付するアプローチ自体が、中立性を確保する観点から問題であり、遺憾」としている。

 

 日本原電は独自に、海外の専門家チームによる敦賀原発2号機の破砕帯調査を行い、21日にもその結果を公表するとしているが、これについても規制庁は「(敦賀原発に対する判断を決定する)規制委員会の議論に影響することはない」として、有識者会合以外の評価については考慮しない考えを示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー