防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

規制委員長 敦賀原発再稼働認めない方針を示唆

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は21日の記者会見で、敦賀原発(福井県敦賀市)2号機直下に活断層があるとの有識者会合の結論を委員会が了承した件で、敦賀原発2号機の再稼働は認めない方針を示唆した。

 

 同会見では、敦賀原発2号機の再稼働の可能性について明確にすべきとの記者からの質問が集中したのに対し、田中委員長は、「もうそんな事言わなくてもお分かりじゃないですか?有識者会合の『耐震設計上考慮すべき活断層』との結論を委員会は了承した。一方で指針や新基準には活断層がある場合、立地として原発の建設を認めないとしている。それらをつなぎ合わせて考えれば明らかでしょう」と述べた。

 

 一方、日本原子力発電は、規制委で有識者会合の報告が了承されたことについて、「客観的データによる科学的、技術的な判断を行なうよう、再三にわたり要望してきたが、これらを何ら考慮することなく報告が了承されたことは、誠に不適切であり、断じて受け入れることはできない」との主旨のコメントを自社ホームページに掲載している。

 あなたにオススメの記事

メニュー