防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

非核化への具体的行動が北朝鮮対話の前提 官房長官

 中国を訪問した北朝鮮の特使が「北朝鮮は、すべての関係国と対話する用意がある」と発言したとの報道について、菅義偉官房長官は24日午前の会見で、対話には北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動をとることが前提との考え方を示した。

 

 同会見で、菅官房長官は、「北朝鮮が挑発的行動をやめて、対話の方向性を示すということが事実であれば、前向きな動きであると注視していきたい」とした上で、「常に対話の窓はオープンにしている。対話のためには北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動をとることは申し上げるまでもない」と述べ、対話開始の前提条件に言及した。

 

 また、韓国紙で報道されている、飯島勲内閣官房参与が訪朝時に、北朝鮮から「特定失踪者」2人について帰国させることを提案されたとの情報について、菅官房長官は「承知しておりません」と述べている。

 あなたにオススメの記事

メニュー