防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

放射能漏れ事故「報告遅れたのは極めて遺憾」 官房長官

 茨城県東海村の加速器実験施設「J-PARC(ジェイ・パーク)」の放射性物質漏えい事故で、原子力規制庁などへの報告が事故発生から1日以上遅れていたことに対し、菅義偉官房長官は27日、「報告が遅れたことは極めて遺憾」と述べた。

 

 菅官房長官は、27日の記者会見で「政府が原子力の安全確保を最優先に進めている中で、関係機関への報告が遅れたことは極めて遺憾。漏えいの状況や被ばくの状況の把握に務め、原因究明及び再発防止策について求めているところ。その上で厳正に対処していきたい」との考えを明らかにした。

 

 この事故では、26日夕刻までに研究者ら30人の内部被ばくが確認されており、被ばくの可能性が疑われる残り6人についても現在測定評価を行なっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー