防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

フランスで初の新型コロナウィルス(MERS)死者 世界で23人目

新型コロナウイルス(MERS-Cov)の電子顕微鏡写真(撮影: AJC1)

 中東で多くの感染者が確認されている新型コロナウィルス(MERS)について、フランス保健省は日本時間の29日、このウィルスに感染したフランス人男性が死亡したと発表した。

 同省によると男性はアラビア半島を旅行中に感染したとのこと。これで新型コロナウィルスでの死者は世界で23人。世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は、「現在、新型コロナウィルスへの対応策はなく、全世界への脅威になっている」と27日のWHO総会でも警戒を呼びかけている。

 

 新型コロナウィルスは、感染すると肺炎や重い呼吸器障害を伴い、2002~2003年に世界的流行(パンデミック)となった「重症急性呼吸器症候群」(SARS)と症状は似ているという。

 あなたにオススメの記事

メニュー