防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

「オスプレイ八尾空港で」橋下発言に「話を聞いてみたい」官房長官

米軍の輸送機V-22オスプレイ(撮影: Loco Steve)

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が3日、米軍の輸送機オスプレイの訓練場所として大阪府八尾市の八尾空港で受け入れると菅義偉官房長官との会談で提案すると表明したことについて、菅官房長官は4日午前の記者会見で、「話を聞いてみたいと思います」と述べた。

 

 同会見で菅官房長官は、「維新の会からそういう情報を聞いたこともないのでコメントは差し控えたい」と前置きした上で、「(政府としては)沖縄以外の場所で、オスプレイの飛行訓練を行なう場所を検討しているわけですから、話を聞いてみたい」と「橋下提案」に関心を示した。

 

 この橋下提案については、田中誠太八尾市長が反対の意思を表明し、「事前説明がないのは遺憾だ」と発言しているが、誘致される八尾市の合意が得られない状況での提案について、菅官房長官は、「松井大阪府知事が維新の会の幹事長ですね。そういう事もあるんじゃないかなと思っています」とコメントした。

 

 またこの問題について小野寺五典防衛相は4日午前の記者会見で、「まず、日米の話し合いが必要だと思いますが、それ以前に地元自治体が本当にその方向でご了解があるのかどうか、そこも含めて特に住民の皆さんとの関係も大変重要な話ですから」と慎重な姿勢を示している。

 あなたにオススメの記事

メニュー