防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

移送先タンクで汚染水漏れ 福島第一原発

 東京電力によると5日午後0時15分ごろ、福島第一原発の地下貯水槽から汚染水を移送している地上タンクの継ぎ目部分から汚染水の漏えいが発見された。

 

 東電によると、汚染水が漏えいしたのは、タンク壁面継ぎ目部分で、漏れた量は3から4秒に1滴程度のもの。また、漏えいした汚染水は吸収材で吸い取っているため、地上のコンクリート基礎部には達していないとのこと。

 

 また、この漏えいについて原子力規制委員会の田中俊一委員長は5日午後の記者会見で、継ぎ目部分は、締めが足りなかったりして、この程度の漏れが発生するのは通常でもあることなどとし、漏えい量も少ないことから、大きな問題にはならないとの考えを示している。

 あなたにオススメの記事