防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

橋下代表オスプレイ大阪受け入れ提案「素直に歓迎」 官房長官

米軍の輸送機V-22オスプレイ(撮影: Loco Steve)

 日本維新の会の橋下徹共同代表が6日午前、菅義偉官房長官と会談し、米軍新型輸送機オスプレイの飛行訓練場所として大阪・八尾空港で受け入れる用意があると提案したことに対し、菅官房長官は記者会見で、「沖縄の皆さんの基地負担軽減は日本全体で考えるべき。このような提案があったことは素直に歓迎したい」と述べた。

 

 菅官房長官によれば、昨年9月の日米合同委員会合意により、沖縄県以外の日本国内での訓練場所を検討するとなっているにも関わらず、今まで国内で訓練を受け入れるという自治体がなかったことについて、「やはり本土でも、負担軽減のために努力すべきだった。まず大阪府で考えたい。(訓練場所として使用することが)可能かどうか検討してほしい」と橋下代表から提案があった。

 

 これに対して菅官房長官は、日米当局間で、沖縄県以外の場所で飛行訓練を行なう可能性について検討しており、提案された大阪・八尾空港についても、訓練場所として使用可能かどうかについて検討する旨、回答した。

 

 また今日の会談には日本維新の会の幹事長・松井一郎大阪府知事も同席したが、受け入れ先候補地である八尾市から反対の声があがっていることに対して、橋下共同代表は、もし八尾空港が訓練場所として使用可能であれば、松井知事が空港のすぐ近くに住んでいることもあり、知事を中心に地元の説得にあたるとの考えを示したとのこと。

 

 会談後の会見で菅官房長官は、橋下提案に歓迎の意を表明するとともに、「全国の自治体でもそうした動きが出てくれば、私はいいなあと思う」と、橋下提案をきっかけに他自治体からも訓練受け入れの動きが出ることへの期待感を表明した。

 あなたにオススメの記事