防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

朴政権で初の南北閣僚級会談 12日にも開催

 韓国統一省は6日、北朝鮮から提案のあった南北対話について前向きに受け止めるとし、中断している開城(ケソン)工業団地や金剛山観光事業などの解決にむけて、今月12日にもソウルで閣僚級会談を行うことを提案したことを明らかにした。

 

 さらに同省は、この閣僚級会談の前に事務レベルの協議を行なうため、7日にも板門店での南北対話チャンネルの修復を開始することも提案したと述べている。

 

 北朝鮮の突然の対話姿勢への転換については、6日に菅義偉官房長官が記者会見で、「具体的な内容を承知していないが、今の対立よりはよいことだろうと思う」と述べたが、米国務省のサキ報道官は、「南北経済協力事業に関する対話の再開と北朝鮮の核開発をめぐる6カ国協議の再開は別の問題」として、改めて北朝鮮の非核化への具体的な動きが、関係各国との対話再開の前提条件との姿勢を明らかにしている。

 あなたにオススメの記事