防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

日本版NSC法案が閣議決定

 国家安全保障会議(日本版NSC)を創設するための関連法案が7日午前、閣議決定された。これは国家安全保障政策の司令塔として、首相、官房長官、外相、防衛相からなる常設の国家安全保障会議を設置するもの。

 

 同法案の最大のポイントについて、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、「4大臣会合を中心に問題を共有しているから、(安全保障に関する)判断は総理のリーダーシップによって、スピーディーにできることが最大のこの法案の内容」と説明した。

 

 また菅官房長官は、改めてアルジェリアで起きた日本人人質事件について、「(事件発生時に)これがなかったから、それぞれが『たて割り』の中で、(情報などを)集中するのに大変だった」と振り返り、内閣官房長官の下に「国家安全保障局」という海外からの情報や政策立案に対応する専門的かつ定常的な体制ができることの意義を強調した。

 

 さらに菅官房長官は、国会の会期末が近いことに触れ、「できるだけ国会に早く提出して、この法案をできるだけ早く成立させたい」と、今国会中の法案成立に意欲を示した。

 あなたにオススメの記事