防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

「南北対話を歓迎したい」 官房長官

現在中断している南北共同事業の開城(ケソン)工業地区(撮影: giladr)

 韓国統一省が6日、北朝鮮からの提案を受け入れ中断している開城(ケソン)工業団地などの共同事業再開に向けての南北閣僚級会談開催に前向きな姿勢を示したことについて、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、こうした動きに基本的に歓迎の意向を表明した。

 

 同会見で菅官房長官は、南北対話の動きについて、「詳細については承知はしていない」と前置きした上で、「対話が実現すれば、ここは歓迎したいと思う」と述べるとともに、「こうした南北間の問題の動きが北朝鮮非核化、その他の諸懸案の解決につながる必要がある」として、突然の「雪解けムード」が、単なる南北共同事業の再開にとどまらず、核開発問題や日本人拉致問題など根本的な問題解決の糸口になることを求めた。

 あなたにオススメの記事