防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風3号がフィリピン沖で発生 12日には日本へ上陸の恐れも

 気象庁の9日12時45分の発表によると、フィリピン沖の太平洋で台風3号が発生し、このままの進路で進めば、12日には日本へ上陸のおそれもでてきた。

 

 台風3号の中心気圧は994ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は20メートル。

 

 最大瞬間風速は30メートルで、半径280キロから390キロにかけて風速15メートル以上の強風域が広がっている。

 

 現在のところ時速20キロで北東へ進んでおり、このままの進路でいけば12日には九州南部や四国南西部へ上陸する恐れもある。

 あなたにオススメの記事