防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

敦賀原発再稼働「安全第一で判断」官房長官

敦賀原子力発電所(福井県敦賀市 出典:Hirorinmasa)

 直下に活断層があると原子力規制委員会が結論づけ、再稼働が困難視されている敦賀原発2号機(福井県敦賀市)について、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、「政府は安全最優先、安全第一ですから、その前提の上で判断する」と改めて述べ、原子力規制委員会の判断を支持する考えを示唆した。

 

 敦賀原発2号機については、10日午前に福井県の西川一誠知事が首相官邸を訪れ、菅官房長官に対し安全性について再調査を求める要請書を提出したが、会談終了後、西川知事は報道陣に対し、「原子力規制委員会を評価する新しい組織を作るべきと官房長官に述べたの対し、官房長官は研究すると答えた」と語った。

 

 記者から同知事のコメントについて質問され、菅官房長官は、「私が申し上げたのは、国会に原子力の委員会(原子力問題調査特別委員会)がありますよね。そこがそういう組織になるんじゃないか。そういう事ですよね。新たなものについて申し上げていません」と西川知事の発言について否定した。

 

 さらに敦賀原発の再稼働を求める地元からの規制委に対する批判の声などについて、「さまざまな声に耳を傾けながら議論を進めていきたい」としたものの、改めて「政府は安全最優先、安全第一ですから、その前提の上で(再稼働について)判断する」と念を押した。

 

 菅官房長官は敦賀原発の再稼働について最終的には政府が判断するとしているが、規制委が直下に活断層があると結論づけたことで、2号機の再稼働については現状極めて厳しい状況。

 

 西川知事の要請書では規制委について、「結論ありきの姿勢に固執し、立地地域の声に聞く耳を持とうとしない」などと批判している。

 あなたにオススメの記事