防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

北朝鮮のどんな不測の事態にも対処可能 米国防長官

上院歳出委員会防衛小委員会に出席するヘーゲル米国防長官(出典: 米国防総省HP)

 米国防総省によるとヘーゲル米国防長官は11日、上院歳出委員会の防衛小委員会に出席し、北朝鮮情勢について、「いかなる不測の事態にも対処する準備は整っている」と発言した。

 

 同小委員会でヘーゲル国防長官は、北朝鮮の軍備について、「どんな種類の兵器がどんな能力を持ってソウルに向けて配備されているかについては分かっている。それが米国がグアムにTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)システムを配備している理由」と説明し、「我々はいかなる選択、いかなる不測の事態にも対処する準備は整っている」と述べた。

 

 また同席した米軍のデンプシー統合参謀本部議長は、「北朝鮮に関する米国の安全保障上の利益は、米本土防衛とともに、北朝鮮の(核)兵器によるリスクを軽減させ、同地域の同盟国を守ること」と米軍の認識を示した。

 

 さらにヘーゲル国防長官は北朝鮮問題における中国の役割について質問され、「北朝鮮のたづなを締めることができる唯一の(北朝鮮の)同盟国であり、北朝鮮への対処に関して有用であり続けている」と述べ、北朝鮮問題解決において中国の果たす役割が重要であることを強調した。

 

【用語解説】THAADミサイルは、パトリオットPAC-3と同様な「迎撃ミサイル」の一種。PAC-3よりも上空の大気圏外で目標を迎撃することにより、超高速の弾道ミサイルなどへの対応を可能にしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー