防災と災害情報のニュースメディア
  • 震災復興

震災復興願う「フラガールリカちゃん」登場 7月10日発売

リカちゃん人形の一部は福島で作られているとうい/タカラトミーHPより

 タカラトミーは、福島県いわき市のリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」のフラガールと同じドレスを着たリカちゃん人形を7月10日から発売する。


 リカちゃんは、1993年に福島県小野町に人形工場を備えたテーマパーク「リカちゃんキャッスル」ができたことをきっかけに、同町の「町おこしプリンセス」に認定。今年、この施設が20周年を迎えたこともあり、東日本大震災の復興を願って“フラガールリカちゃん”が誕生した。


 タカラトミーは商品の企画・制作、スパリゾートハワイアンズは衣装デザイン監修、リカちゃんキャッスルは生産の一部をそれぞれ担当。フラガールからもアドバイスを受け、レイ(首飾り)やハク(髪飾り)、手に持つ打楽器「ウリウリ」など細部にまでこだわっている。


 カールヘアのリカちゃんが緑と黄色のドレスを着た「フラダンサー」と、赤いフリンジの衣装が鮮やかな「タヒチアンダンサー」の2種類(税込各3780円)。それぞれ1500体限定で、タカラトミーの公式サイト、スパリゾートハワイアンズ、リカちゃんキャッスルで販売する。


 公式サイトでは予約受付中。タカラトミーは今後、スパリゾートハワイアンズでリカちゃんのイベントなども開催していくという。

 あなたにオススメの記事

メニュー