防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北陸と東北が梅雨入り 19日は広い範囲で雨

   気象庁は18日、北陸と東北地方が梅雨入りしたとみられると発表した。これで梅雨のない北海道をのぞき、すべての地域が雨の季節を迎えた。


   北陸と東北南部の梅雨入りは平年より6日遅く、東北北部は4日遅い。いずれも昨年に比べても9日遅い梅雨入りとなった。沖縄はすでに梅雨明けしているが、本州は7月中旬から下旬まで梅雨となる。


   気象庁によると、梅雨前線は19日にかけて本州を南下。フィリピンの東にある台風4号が北上する影響も受け、19日は九州から東海、北陸にかけての広い範囲で雨が降る予報となっている。水不足の地域には恵みの雨となりそうだ。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー