防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

首相FB合戦続報「一次情報確認してから発言を」民主細野氏

安倍首相個人facebookページの最新の写真「我が日本勢の宿舎です。これから日英首脳会談に望みます」との書き込みが…(安倍晋三個人facebookページより引用)

 欧州歴訪中の安倍晋三首相と民主党の細野豪志幹事長がフェイスブック上で応酬している件で、細野氏は17日、安倍首相の批判に対し新たに書き込みで反撃した。

 

 これは安倍首相が前日ポーランドから「細野氏がNHKの番組で自民党には戦争をやりたがっている人がいると発言したので具体的に誰か問いただしたが、いまだに回答がない」などと書き込んだことに応戦したもの。

 

 同書込みで細野氏は、自身の発言内容について、「自民党の中に普通の国になって戦争もできるようにするんだという声はありますよね?と世耕さんにお聞きしました」などと述べ、発言の真意は「自衛隊に交戦権を持たせたいと考えている人が自民党にはいる」と確認したまでで、「自民党に戦争をしたい人がいる」と言ったのではないと説明。

 

 安倍首相が事実を確認しないままに批判していると指摘し、「一国の総理ですから、一次情報を確認してから発言されるようお勧めいたします」と切り返した。

 

 さらに同書き込みでは「総理から的外れとのご批判を頂きましたが、失礼ながら私が指摘した点について、総理ご自身が的外れな回答をされています」などと述べるとともに、表現の自由を確保するために、最高権力者に広い度量を持ってもらいたいと主張している。

 

 このフェイスブックでの応酬には、「フェイスブックってそういう使い方するんだっけ?」という意見がある一方で、「テレビの政治ディベート番組よりホンネが聞けておもしろい」という肯定的な意見も。

 

 ただ気になるのは、当初の「北朝鮮による拉致被害者問題」から、応酬のテーマがすでに大きくそれていること。

 あなたにオススメの記事

メニュー