防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

NTTアイティ 「マジックコネクトBCPサービス」を発売

 NTTアイティは5日、リモートアクセスによって社外から会社のPCなどを操作できる「マジックコネクトBCPサービス」を発売した。


 「マジックコネクトBCPサービス」は、緊急時のBCP(事業継続計画)向けリモートサービス。災害などによって出社できなくなっても社外から社内のPCやサーバーにアクセスして業務を継続できるというものだ。

 こうしたリモートサービースはいくつもあるが、本サービスは料金体系が特徴的。イニシャルで初期設定費用、月額でアカウント管理費はかかるが、リモートサービスを使わない限りはサービス利用料金は一切かからず、万が一の事態でリモートアクセスを使うと利用料金が課金される。なお、一度利用したあとは同じ年度内であればいくら使っても利用料金は加算されない。
 なお、現在10アカウントを以上の契約を結ぶと、社内のPCの電源が切れていてもリモートアクセスが可能になるWOLコントローラ「MC3000」がプレゼントされるキャンペーンも行われている。

 担当者は「BCPに適した料金体系を用意できた。毎年9月は防災月なので無料期間も設けている。避難訓練などに併せてリモートアクセスなども練習してもらいたい」と話している。

 

「マジックコネクトBCPサービス」イメージ

 あなたにオススメの記事

メニュー