防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

石巻市 大興水産社屋が同市初の津波避難ビルに

 石巻市は、大興水産社屋と水産加工施設を、津波避難ビルの第一号に指定したと発表した。


 大興水産社屋は石巻市魚町2丁目に新築された重量鉄骨4階建のビル。震災による地盤沈下を考慮して基礎部分を約2メートルかさ上げして建設されたという。延べ床面積5757平方メートルで、最大1000人の収容が可能。ベッド、車イス、衛星電話なども常備しているという。

 同社は「旧社屋は先の震災で全壊してしまった。当時は全社員が助かったものの、海から数キロ離れた場所で津波に巻き込まれた社員にもいたことから、遠くに逃げるよりも、頑丈で高い建物に逃げる方が安全と考え、社屋を新築した」と話している。

 あなたにオススメの記事

メニュー