防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

九州から近畿 雷をともなった大雨に警戒

 気象庁によると梅雨前線の活動が活発になり、九州から近畿地方にかけて、26日は雷をともなった非常に激しい雨が降り、大雨になるところがある。

 

 梅雨前線は東シナ海から九州を通って四国沖にのびており、26日は前線の活動が活発化する見込み。

 

 九州地方を中心に断続的に強い雨が降り、これから雨は次第に強まり、雨の地域は近畿地方の太平洋側にも広がる見込み。

 

 これらの地方では1時間に60ミリから70ミリの雷をともなった非常に激しい雨が降り、大雨となるところもある。

 

 27日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、九州南部で200ミリ、九州北部(山口県を含む)、近畿地方で180ミリなどとなっている。

 

 これまでの雨で地盤がゆるんでいるところもあり、気象庁では土砂災害や、低い土地での浸水、河川の増水やはん濫に注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー