防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

JAXAサーバへの不正アクセス 調査結果を公表

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、4月13日から22日にかけて発生したJAXAのサーバへの不正アクセスに関する調査結果を公表した。不正アクセスは1つのシステムのIDとパスワードが最初に破られ、そこから連鎖的に他の4つのシステムにも侵入を許す結果になったとのこと。

 

 この不正アクセスではJAXAの5つの情報システムに侵入され、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」と宇宙ステーション補給機「こうのとり」の運用準備にかかわる技術情報や関係者の個人メールアドレスが流出した。

 

 今回の発表によれば、まず1つの情報システムのIDとパスワードが破られ不正アクセスされたが、そのシステムにJAXA職員のIDとパスワードの情報が含まれていたことから、そのIDとパスワードを使って、さらに他の4つの情報システムにも不正アクセスされたとしている。

 

 しかしながら流出した情報については、「きぼう」や「こうのとり」の運用に直接使用されるものでなく、運用に支障をきたすことはないとのこと。

 

 さらに再発防止策としては、JAXA全体の情報セキュリティ対策の強化計画を策定し、情報セキュリティの抜本的な見直しと強化を進めていくとしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー