防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

関東以西で猛暑日 名古屋・京都では36℃ 熱中症に注意

 気象庁によると8日も日本列島は各地で35℃を超える「猛暑日」になると見られ、熱中症への注意を呼びかけている。

 

 猛暑日の予想が出ているのは、関東甲信地方では、東京、埼玉県熊谷市や秩父市、山梨県甲府市で35℃、中部地方では愛知県名古屋市で36℃、岐阜県岐阜市と三重県上野市で35℃、近畿地方では京都府で36℃、滋賀県大津市、奈良県奈良市、兵庫県豊岡市で35℃、中国地方では岡山県岡山市で35℃、四国地方では香川県高松市で35℃、九州地方では大分県日田市、宮崎県都城市で35℃となっている。

 

 環境省が発表する「暑さ指数(WBGT)」も、関東以西の太平洋岸の各地で31℃以上の「危険」の地域が広がっており、熱中症に対する注意が必要な一日になりそう。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー